カツオもどきです。つぶやきます。

自分の体験したこと思ったことを書いてきます。

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』1話の感想、キャスト、ネタバレ、視聴率など | 吉高由里子が良い!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは! この記事を書いているカツオもどきです。


ついに始まりました。今シーズンの期待ドラマの中の一つで、自分の好きな女優である吉高由里子が主演のドラマ『わたし、定時で帰ります。』。放送日時は火曜の夜10時からTBSで放送しています。

[目次]
  1. 視聴率
  2. このドラマのあらすじ
  3. 1話のネタバレ
  4. 登場人物の紹介
  5. 1話の感想
 

気になる初回視聴率は 9.5%

前回のクールで放送されていた、深田恭子主演の『初めて恋をした日に読む話』の1話は8.6%だったのでまずまずのスタートといったところではないでしょうか。

『わたし、定時で帰ります。』のあらすじ


[新ドラマ]『わたし、定時で帰ります。』4/16(火)スタート!! 働き方新時代! 定時の女vsモンスター社員【TBS】

このドラマの主人公の東山結衣(吉高由里子)はweb制作会社のディレクターで過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いていた。仕事は効率よく片付けて、定時退社すると行きつけのちゅか料理屋でゆっくりしたり、恋人の諏訪巧(中丸雄一)との時間を大切に過ごしている。しかし、新任の部長が赴任してきたり、元婚約者の種田晃太郎(向井理)が赴任してきたり、仕事命の皆勤賞が自慢の三谷佳菜子(シシド・カフカ)がすごいめんどくさいやつで問題を起こす。この問題というのが新人の教育係を任された三谷佳菜子(シシド・カフカ)が一昔前の古い考えで新人を叱りつけてばかりで新人の女は萎えた気分になっていく。そして、恨みが溜まって心が折れた新人は驚きの行動に出た。

1話のネタバレ | ここからはネタバレになります。

1話を見ていない人や、この後の話を見ようと思っている人はこれを読んでおくと入りやすいかと思います。

絶対退社!定時退社の主人公 東山結衣(吉高由里子)

主人公の東山結衣は絶対に定時で帰る主義を貫いている。定時で帰って何をするのかというと、上海飯店という中華料理屋さんに駆け込み酒を飲んで就業後の時間を楽しんだり、同棲している彼氏 諏訪巧(中丸雄一)とイチャイチャタイムを過ごして楽しそうな社会人生活を楽しんでいる。しかし、そんなゆるい生活に終焉の兆しが、、、

転勤してきた古い考えの三谷佳菜子(シシド・カフカ)

東山の部署に転職してきたのは、三谷佳菜子というキツそうな三谷。三谷は新人の教育係となるのだが、古い考えの持ち主で時代に合わない教育方針で新人に嫌われていく。その様子を見た東山は教育方針を変えるように指摘をするのだが、三谷は自分が新人の時はもっと厳しくされたと言って東山のいうことを全く聞き入れない。

元恋人 種田晃太郎(向井理)と東山結衣(吉高由里子)の過去の関係とは

三谷と同じタイミングで転職してきた種田晃太郎(向井理)とはなにやら過去に付き合っていたらしい。このタイミングでは何故別れてしまったのか。ということは書かれていないが、この後の展開にも期待できる。

三谷佳菜子(シシド・カフカ)が新人にPCのパスを変えられて大ピンチに!!

東山のいうことを聞かずに指導していた三谷は新人に担当を変えて欲しいとの申告が上司に入ったということで、東山に任せることになったのだが、それを受け入れたくなかった三谷は口出しをして堪忍袋の緒が切れた新人は驚きの行動に出る。それは三谷のpcのパスワードを変えてしまった。ということで管理能力の低さを問われたが、新人に土下座をすれば許すということで、上司はそうするように言うが、自分の行動が間違っているとは思わない三谷は納得できずに引きこもってしまう。

引きこもった三谷佳菜子に救いの手を差し伸べる東山佳菜子

引きこもった三谷を助けるように言われた東山は三谷の家を訪問することに決めた。向かう前に取引先の人から三谷は無能で休まずに出勤することだけが取り柄の女だと言われていたことを知り、三谷と会ってそのことに触れないように説得しようとする。その時に東山が何故、定時退社にこだわるのかを語り出す。簡潔に書くとかつて自分も必死に働いていたが過労で事故にあう。それから考えを改めたと言う。そんなこんなで三谷は復活する。

次回の伏線、福永清次(ユースケ・サンタマリア)は危険というメールが届く

他の二人と同時に転職してきた福永清次(ユースケ・サンタマリア)はすごく気を配れる良い人だと東山は思っていたが、とある人から「福永にはきをつけろ」というメールを見て不信感を抱く。

登場人物の紹介

このドラマの主な登場人物の紹介をしていきます。出演者のことを知ってもっと楽しみましょう。

吉高由里子(東山結衣)

吉高由里子も人気女優の一人で色々なドラマや映画、舞台など活躍の場は幅広いですが映画で一番有名なのは生田斗真と共演した『僕等がいた』ではないでしょうか。ドラマでは色々ありますが最近のもので言えば榮倉奈々大島優子、坂口健太郎鈴木亮平などと共演して坂口健太郎鈴木亮平との三角関係が面白かった『東京タラレバ娘(2017)』。三浦翔平などが出演していた『正義のセ(2018)』。東京タラレバ娘吉高由里子と坂口健太郎との恋の展開を追っかけているとドキドキが止まらずに吉高由里子の面白いキャラと可愛さが引き出されていました。正義のセは天真爛漫な感じが引き出されていて面白かったです。

向井理(種田晃太郎)

こちらも人気俳優で数々のドラマや映画で主演を張っています。最近のドラマで言うと、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~(2018)』で主演の米倉涼子の敵弁護士役として出ていたり、『きみが心に棲みついた(2018)』という吉岡里帆が主演のSの元彼氏役で出ていました。少し前になりますが個人的に向井理のかっこよさが生かされているなと思ったのが『S-最後の警官-(2014)』という綾野剛と共演していたドラマがかっこよかったです。

感想はいい評価多め

全体的には、良い評価が多かったです。特に定時に帰るという社会風刺的なテーマがすごく受けているようです。

個人の感想

自分の好きな女優さんが出ているので、というのもありますが吉高由里子の明るいキャラと可愛さが自分を引きつけていますね。一般的には定時退社のテーマに惹かれている人が多いですが、自分じゃ吉高由里子の恋愛にも注目です。

他の人の感想

twitterからの感想を見ると、やはり定時退社のテーマに関する意見が多いです。そして、もう一つは中丸雄一に関するコメントも見られました。


今回のシーズンのドラマはある記事では期待値が一番高いドラマがこれだと言っている人がいました。個人的には確かに。と思いますが他にもオススメのドラマはありますので見てみてください。

看護師の話をメインにしたコメディドラマです。

www.katsuomodoki.com

放射線技師という医療系のドラマでは少し外れたテーマですが、今後の展開に期待ですね。

www.katsuomodoki.com

スポンサーリンク