カツオもどきです。つぶやきます。

自分の体験したこと思ったことを書いてきます。

スポンサーリンク

スピード出しすぎ注意!これからは捕まりますよ!

スポンサーリンク

f:id:tureduresann:20181022230452j:plain

大学生になり、車の免許を前期に通いで取り、夏休み明けぐらいに中型バイクの免許を取った。車は長距離移動の時に便利だと思い、バイクは自転車ではちょっと遠い距離を移動するのに便利だと思い取った。考えていた通りに夏休み他県に遊びに行く時や祖父母の家に帰る時に車を使用し、ちょっと自転車では行くのしんどいなと思ったところにバイクで気軽に行けるようになった。今思い返して見ると教習所では厳しく見られていた制限速度は今はそこまで強く意識することがなくなった。なぜかというと周りがそうだと言ってしまうとそれまでだが、教習所の時とは違って周りの環境が様々だから教習所で教えられた通りにしないほうが安全だったりするからだ。では、教習所で教わったことが無駄なのかというとそういうことではない。教習所で教わった安全運転の心構えをしっかり勉強したから、それを踏まえてのさらに安全な判断ができるし、全国統一された教育内容だからどこに行っても同じように運転ができる。

と、少々無駄話がすぎたようなので本題に入る。

ついにきた!移動式オービス

2018年10月22日の「YOMIURI ONLINE」の記事によると、移動式のオービスを愛知県警が今秋から高速道路にも活用するようだ。

知らなかったあなたは要注意!

今、この記事を読んで移動式オービスの存在を知ったあなたは要注意だ。なぜか、今回は愛知県警が台数を増やし高速道路にも活用すると言ったが他の県でもすでに使われているかもしれない。ただ、我々がその存在を知らないだけで...このYOMIURI ONLINEによると愛知、岐阜県など各地で導入されているらしい。そして、住宅街など固定しづらい場所で毎回場所を変えて取り締まりをしている。その結果、普段通勤などで使う道路で10㎞/hほどスピードが下がった。この辺を使う住民は交通マナーがましになったと言っている。

これを読んでいるあなたも心当たりがあるのではなかろうか?明日は我が身。大丈夫だろうと思っているその気持ちが一番危険だということを意識しなければならない。もちろん相手に迷惑をかけてもいけないし、自分にも被害があるわけだ。ばからしくないか?交通違反で多額のお金を取られるのは。スピードを出すのが気持ちいと思うのも分かる。だが、こうして実際に移動式のオービスが導入されている現実を踏まえるとルールを守るべきだろう。付近の住民もマナーがましになったと安堵の気持ちが出てきたのだから他の人たちも安心して通行できるように我々はこれを機に意識をし直そう。

スポンサーリンク