カツオもどきです。つぶやきます。

自分の体験したこと思ったことを書いてきます。

スポンサーリンク

ドラマ コンフィデンスマンJP 3話 [ネタバレ注意]

スポンサーリンク

2話のことは書く時間がなかったですが、3話は書きたいと思います。

(めんどくさかったのは秘密....)

YouTubeが流行っている昨今ですが、やっぱりドラマはいいですよ。お金もかかっているので、クオリティもYouTubeに比べて高いですし、プロの方が脚本を作っているので深いんですよね。ただ、見るのに時間がかかって手軽に見れないというデメリットがあって忙しい人からすれば、手軽に見られるYouTubeの方がいいというのは仕方がないと思います。でも、そんな人たちに向けて自分が魅力を伝えられるように頑張って行こうと思っている所存であります。

ですので、できるだけさくっと読みやすい記事を書いていくので目を通してもらって気になったドラマがあったら見ていただけると嬉しいですね。

それでは、自分の推しである長澤まさみさんが出演しているこのドラマについて

 自分の今シーズンのおすすめドラマのコンディフェンスマンJP 3話

の感想です。

 

今回のターゲットは美術商でした。

無知なお客から安値で買いたたき高値で売り飛ばす、典型的な悪徳商人ですね。(笑)

そこでダー子(長澤まさみ)は仲間の贋作製作の凄腕画家に書かせて悪徳商人の城ケ崎(石黒賢)に売ろうとするが、見破られその画家は逮捕される。

作戦を破られたダー子はどうしようと悩む。その時、とんでもないことを思いつく。

 

ここがこの話の見所です!!

 

ダー子が思いついた作戦とは・・・

架空の画家を作り、日本のフォービズム、キュビズムというワードを用いて城ケ崎にあたかもすごい画家だと思わせた。そして高値で名もなきダー子らがつくった作品を高値で買わせてダー子らは大儲け!気持ちいい落ちでした!

 

 

来週はどんな作戦で大儲けするのですかね~

今から楽しみです!

気になった方はぜひ見てくださいな

 

今回の月9は久しぶりの期待作だと思いますよ!

 

   ~おまけコーナー~

フォービズムとは

ルイ・ボークセルがサロン・ドートンヌに出品された作品の原色を多用した強烈な色彩と激しいタッチを見て、「あたかも野獣(フォーヴ、fauves)の檻の中にいるようだ」と評したことから命名された。

 

キュビズムとは

パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。それまでの一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収め、一点透視図法を否定した。

スポンサーリンク